経済産業省が6月29日に発表した《商業動態統計》によると、2017年のホームセンター販売額は前年比0.4%減の3兆2941億円でした。2年ぶりに減少となっています。インテリアやカー用品・アウトドアが不調でした。

近年の販売額を確認します。16年が3兆3090億円、15年が3兆3012億円、14年が3兆3451億円です。店舗数は、17年が4304店、16年が4273店、15年が4209店、14年が4124店となっています。

商品別の販売額を確認します。

DIY用具・素材は、17年が前年比0.2%減の6936億円となっています。16年が6950億円、15年が6854億円、14年が6913億円でした。

電気は、17年が前年比1.9%減の2230億円となっています。16年が2272億円、15年が2248億円、14年が2335億円でした。

インテリアは、17年が前年比4.7%減の2359億円となっています。16年が2474億円、15年が2553億円、14年が2646億円でした。

家庭用品・日用品は、17年が前年比1.0%減の7266億円となっています。16年が7342億円、15年が7237億円、14年が7179億円でした。

園芸・エクステリアは、17年が前年比0.9%減の4836億円となっています。16年が4878億円、15年が4924億円、14年が4950億円でした。

ペット・ペット用品は、17年が前年比0.1%増の2508億円となっています。16年が2505億円、15年が2442億円、14年が2374億円でした。

カー用品・アウトドアは、17年が前年比2.8%減の1691億円となっています。16年が1739億円、15年が1758億円、14年が1775億円でした。