回転ずし最大手のあきんどスシローは東京・表参道に7月20日〜29日の期間限定で、スイーツとドリンクのみを提供する新型店舗「スシローカフェ部 表参道スイーツテラス」をオープンします。

同社は昨年11月にスイーツ開発プロジェクト「スシローカフェ部」を発足し、スイーツメニューの強化に着手、若い女性を中心とした新規客の獲得と顧客の満足度の向上を図っています。

販売するのは、抹茶味のマカロンに抹茶ムースとあん、白玉を挟んだ「抹茶の和カロン」(ドリンクとセットで600円)や人気のパンケーキ専門店「ベリーファンシー」監修の「ベリー夏盛りパンケーキ」(同)などです。

同社は、大手回転ずしチェーンが出店攻勢を強め市場に飽和感が漂うなか、店舗でも人気が高まっているスイーツ市場進出への足がかりにしたい考えです。

7月19日付日本経済新聞電子版によると、19日の発表会で登壇した小河博嗣執行役員が「既存店舗でのスイーツ類の売上構成比率も6%程度に上がってきて、需要の高まりを感じている。徐々に情報発信の場所である表参道でトレンドを学びながら、カフェ専門店の展開も検討している」と話したといいます。