自動運転技術ベンチャーのZMPは7月19日、ローソンと組み、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス構内で、自動運転で走行する宅配ロボットを使った無人配達サービスの実証実験を始めたと発表しました。

宅配ロボの名前は「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」で、幅65センチ、長さ95センチ、高さ96センチの大きさです。内蔵するロッカーに荷物を積載し、カメラやレーザーセンサーで周囲を認識しながら最大時速6キロで自動走行します。最大積載量は50キロで、5センチの段差も乗り越えられます。遠隔監視や遠隔操作も可能です。

利用者はスマートフォンで商品を注文し、ローソンのスタッフが拠点で商品をピックアップし、ロボのロッカーに収納します。宅配ロボは指定の場所まで自動走行し、利用者は専用のアプリでロッカーを解錠し、商品を受け取ります。

宅配ロボットの実用化が実現することで、過疎地や都市部の高齢者ら日常の買い物に困る「買い物難民」の解消につながることが期待されます。