東京メトロ東西線の高田馬場駅から徒歩2分、JR山手線、西武新宿線の高田馬場駅から徒歩5分のところに「とんかつひなた」があります。高田馬場はとんかつの激選区として知られています。同店は2017年1月にオープンしました。

豚肉は、14種類のハーブなどをブレンドした薬膳漢方飼料で育てた宮城の薬膳豚など厳選した国産のものを使用しているといいます。

とんかつのおいしさを引き出すために、「インカ天日塩」と「高知あまみ塩」の2種類の塩とオリジナルの2種類のソースを用意しており、それぞれ違った味を楽しむことができます。

とある平日の昼時、約10人の行列ができていました。

店内は木目調の内装で落ち着いた雰囲気があります。真新しさがあり、かつ清潔感もあります。カウンター席を14席設けています。カウンター越しに、とんかつの仕込みや調理などの様子を見ることができます。

さて、1番人気と言われた「ランチ ロースかつ定食」(税込み1000円)を注文しました。とんかつ、ご飯、キャベツ、チャーシュースープ、お新香がセットになっています。ちなみに、ランチ以外で提供している「ロースかつ定食」の価格は1300円です。

味はどうでしょうか。かなりおいしいですね。脂身が甘くて上品な味わいがあります。肉質はしっかりとしていて、食べ応えがあります。塩やソースをつけて食べるとまた違った味わいを楽しむことができ、飽きが来ません。これで1000円です。コスパが良すぎると言わざるを得ません。

店員さんの接客サービスも良いですね。快適に過ごすことができました。

行列ができるのも納得です。