東京・新宿区歌舞伎町にあるラーメン店「焼きあご塩らー麺 たかはし 新宿本店」。西武新宿駅から徒歩1分、新宿駅から徒歩5分のところにあります。

とある週末の昼時、約10人の行列ができていました。並んでいる人にウチワを配っていました。同店の広告付きとはいえ、嬉しいサービスです。

軒先に「焼きあご」が吊るされていました。「あご」とはトビウオのことで、焼きあごは名前のとおりあごを焼き上げたもので、高価な食材として知られています。実物を客に見せることであごを使っていることを訴求しています。

こういう演出は効果があるといえるでしょう。あまり知られていないものを知ってもらうには、それをより具体的に描写する必要があります。「文字」よりも「写真」、写真よりも「現物」の方が具体性が増し、訴求力が高まります。

店内は「L」字型のカウンターがあり、13席を設けています。

さて、同店の名物「焼きあご塩らー麺」(税込み800円)を注文しました。豚骨スープに、「焼きあご」を主体とした数種類の魚介だしを加えてスープをつくっているといいます。麺は栃木県佐野市から仕入れている縮れ麺を使用し、その上に厚切りのチャーシューと薄切りのレアチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、水菜、乾燥エビが載っています。

味はどうでしょうか。なかなかおいしいですね。あごのだしが強烈にきいています。商品名に「塩」とありますが、一般的な塩ラーメンとは異なる味ですね。あまり味わったことのない味ですが、個人的には好きですね。

同店は接客サービス力が非常に高いです。元気なあいさつがあり、対応は丁寧でした。積極的に「紙エプロンを使用されますか?」と聞いていたのも好感が持てました。「また行きたい」と思わせてくれましたね。

行列ができるのも納得です。