顧客はファンとなった店について深く知りたいと思うものです。それは商品・サービスだけに限らず、その店自体のことやオーナー、従業員などについても知りたいと思うものです。

店が辿ってきた歴史を知りたいと思うものです。どのようなオーナーが店を経営しているのか知りたいと思うものです。どのような従業員が働いているのかを知りたいと思うものです。

他の顧客が何を好んでいるのかを知りたいと思うものです。商品・サービスの内容はもちろん、なぜその商品・サービスを提供しているのか、なぜ誕生したのかを知りたいと思うものです。

何か新しいトピックがないか知りたいと思うものです。とにかく、顧客は何かしらの情報を得たいと思うものなのです。

そういった顧客の欲求に応えることができるツールの一つに情報誌があります。定期的に情報誌を顧客に送ることで、顧客との関係性を強化させることができます。その情報誌は顧客の友人・知人に渡る可能性もあるので集客にもつながります。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら