丸井水戸店が閉店します。

10月10日付日本経済新聞は「丸井グループは9日、JR水戸駅近くにある丸井水戸店(水戸市)を2018年秋に閉店すると発表した。客足が振るわず、アパレルや雑貨などの販売苦戦が主因だった」と報じました。

地方都市にある商業施設の閉鎖が相次いでいます。3月に三越千葉店(千葉県千葉市)と三越多摩センター店(東京都多摩市)が閉店し、8月にパルコ大津店(滋賀県大津市)が閉店しています。

来年2月に西武船橋店(千葉県船橋市)と西武小田原店(神奈川県小田原市)が閉店し、同3月には伊勢丹松戸店(千葉県松戸市)が閉店します。

丸井水戸店はアパレル不況やネット通販の広がりを背景に販売が低迷したようです。「16年度の売上高は24億円とピークの約6分の1に落ち込んでいた」(11月12日付日経MJ)といいます。

 アパレル大手のレナウンが倒産した。同社は2020年5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。負債総額は3月31日現在で138億7900万円。今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。厳しいのはレナウンだけではない。百貨店向けアパレルはどこも厳しく、オンワードホールディングスは20年2月期に国内外で約700店を閉店したが、21年2月期も約700店規模を閉店する方針だ。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら