コンビニコーヒーの人気が高まるなか、コーヒー飲料の支出が増加傾向にあります。

総務省が公表している《家計調査》(2人以上の世帯で農林漁業の世帯を除く)から、コーヒー飲料(コーヒーを主原料とした缶などの容器に入った液体飲料。喫茶店やレストランなどの飲食店で飲むコーヒーを除く)の家庭の支出動向を見ていきます。

コーヒー飲料の月平均支出額は、2010年が316円、11年が302円、12年が307円、13年が332円、14年が345円、15年368円、16年が370円となっています。17年1〜11月は377円となっています。前述した通り、近年はコンビニコーヒーの人気が高まっていることもあり、コーヒー飲料の支出額は上昇傾向にあります。

コーヒー飲料の月別支出額の推移を見てみると、7月と8月に高くなり、1月と2月に低くなる傾向があることを確認することができます。夏に支出が多くなり冬に少なくなる傾向がありますが、これは飲料全体にも当てはまることです。

一方、粒や粉末、個体の「コーヒー」は12月に一気に支出が多くなる傾向があります。また、コーヒー飲料とは逆で、夏よりも冬に支出が多くなる傾向があります。家庭で温かいコーヒーを飲む人が多いのでしょう。

 アパレル大手のレナウンが倒産した。同社は2020年5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。負債総額は3月31日現在で138億7900万円。今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。厳しいのはレナウンだけではない。百貨店向けアパレルはどこも厳しく、オンワードホールディングスは20年2月期に国内外で約700店を閉店したが、21年2月期も約700店規模を閉店する方針だ。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら