東京・浅草にある和菓子販売店「亀十」。「東京三大どら焼き」の一つとも言われる「どら焼き」が人気のお店です。

東京メトロ銀座線の浅草駅から徒歩1分、観光スポット「雷門」のすぐ近くに同店はあります。

とある平日の昼時、同店の店内に約20人の行列ができていました。これでも少ない方で、週末にもなると店外にまで行列ができるといいます。

1番人気と言われた「どら焼き(黒あん)」(税込み360円)を購入しました。黒あんのほか、白あんもあります。

さて、味はどうでしょうか。皮がふっくらしていいて、食感はもちもちです。スポンジケーキのようです。黒あんは粒あんで程よい甘さです。美味しいですね。ただ、個人的には360円は割高だと感じました。

とはいえ、老舗の名店のどら焼き、東京三大どら焼きの一つと言われるどら焼きということもあり、味以外の価値が相当程度加わっているため、人によっては割高とは言い切れない側面があります。贈答用としての需要もかなりあるでしょう。立地も抜群です。そう考えると、行列ができるのも納得です。

 2020年1月14日、都内のとある「いきなり!ステーキ」を訪れたところ、いきなりステーキ社長の名前でステーキが硬いことを謝罪する張り紙が店頭に掲出されていた。ネット上でこれと同じ内容の張り紙が店頭に掲出されている様子が映った写真の投稿が相次ぎ話題になっている。張り紙の内容は謝罪がメインだが、誤解を招きかねない文言もあり、今後批判が集まる可能性がある。それについて解説した。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら