「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングスは新業態を拡大させる方針です。

テークアウトのコッペパン専門店「やわらかシロコッペ」やスタンド型喫茶店「コメダスタンド」など新業態店を2018年度に最大20店を出します。

同社は全国に約800店を展開し、このうちコメダ珈琲店が18年2月期末で98%を占め、他は8店を運営する「おかげ庵」などに限られます。主力のコメダ珈琲店に関しては、18年度に最大60店を出す計画です。

やわらかシロコッペは自社のパン工場で製造した白いコッペパンに約20種類の具材を店舗で挟み、1つ200円台〜300円台ほどの価格で販売しています。17年9月に名鉄百貨店本店(名古屋市)に初出店し、現在は9店を展開しています。

コメダスタンドはコーヒーやパンをセルフサービスで購入して立ったまま飲食する喫茶店です。レギュラーサイズのブレンドコーヒーが1杯250円など手頃な価格となっています。今年3月に東京・池袋にあるサンシャインシティの専門店街「アルパ」に初出店しました。