ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは7月3日、衣料品のプライベートブランド(PB)「ゾゾ」のラインアップに、フルオーダーのビジネススーツを加えると発表しました。

商品名は「2Bスーツ」で、価格は税込み3万9900円。同じくラインアップに加えるドレスシャツが同4900円。サイトでの受付を同日から始めました。

購入に際しては、採寸用ボディースーツで体形データを自宅などで測ってサイトを通して注文します。袖丈や着丈などの調整はもちろん、肩の傾きや体型の左右差を読み取って設計したり、襟の大きさや高さ、ポケットの大きさや位置など細部をミリ単位で調整したりできるといいます。これにより、一人ひとりに合ったフルオーダーのスーツが気軽に安価で手に入れられるようになります。

7月4日付日本経済新聞によると「注文から最短1週間で届く。商品の縫製は中国の工場に委託している」といいます。

 アパレル大手のレナウンが倒産した。同社は2020年5月15日、東京地方裁判所より民事再生手続き開始決定および管理命令を受けたと発表した。負債総額は3月31日現在で138億7900万円。今後はスポンサーを探し、事業の維持・再生に取り組む考えだ。厳しいのはレナウンだけではない。百貨店向けアパレルはどこも厳しく、オンワードホールディングスは20年2月期に国内外で約700店を閉店したが、21年2月期も約700店規模を閉店する方針だ。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら