出典:NECプレスリリース

台湾セブン-イレブンは7月18日、台北市信義区にNECが開発した顔認証システムと画像認識を使ったPOSシステムを導入した無人コンビニ「X-STORE」をオープンしました。

出典:NECプレスリリース

無人コンビニの仕組みは次の通りです。店舗入り口に設置した端末とカメラで、事前に登録した顔画像と利用者の画像を照合して本人確認を行います。その際に、利用者それぞれにあわせた個別のメッセージをモニターに表示することもできます。画像認識を使ったPOSシステムでは、利用者が商品をレジ台に置くと、設置されたカメラが商品を一括で自動認識します。

出典:NECプレスリリース

X-STOREは、1月に台湾セブン-イレブンの本社ビル内で社員向けにオープンしました。6月25日からは一般客に開放し、3週間で3000人以上の利用があったといいます。台北市の店舗はこれに続く2店目となります。

なお、日本国内のセブン-イレブンで無人レジを導入している店舗はありません。