百貨店の「猛暑日サービス」が活況を呈しています。

京都高島屋(京都市下京区)は7月25日〜8月31日、気象庁発表の天気予報で、京都府南部の前日の最高気温予報が35度以上だった日に特典を提供する「猛暑日サービス」を実施します。

たとえば、先着順に瞬間冷却剤を無料で配るほか、総菜売り場ではおすすめメニュー7種を割引価格で販売します。

名鉄百貨店一宮店(愛知県一宮市)は7月1日〜8月27日、前日の最高気温予報が33度以上だった日に「ハッピーサンサンデー」を実施し、特別なサービスやお買い得品を提供します。

7月23日に国内の観測史上最高となる41.1度の気温を記録した埼玉県熊谷市でも、商業施設が暑さにちなんだサービスを相次いで打ち出しています。

たとえば、八木橋百貨店(熊谷市)は前日の最高気温予報が35度以上だった日に「猛暑日サービス」を実施しています。

たとえば、小学生以下には先着順に氷菓「ガリガリ君」を無料で配るほか、ソフトクリームを割引したり、食事に小さなかき氷を無料でつけたりします。