回転ずしチェーンの銚子丸はイベントや催し物、パーティー向けにすしを提供する「出張回転すし」のサービスを始めました。

移動式の回転レールを食材と共に持ち込み、職人がすしを握ってその場でレールに流します。レールの周囲には8〜20人程度が座れるといい、立食形式であれば大人数での対応が可能で、150人に対応した実績があるといいます。

対象エリアは東京23区と千葉県の一部で、職人の派遣費用を含む基本料金は2万5000円で、別に料理のコース料金が1人あたり3000〜4000円かかります。総額7万円以上から出張に応じます。

銚子丸が展開する「すし銚子丸」は東京、千葉、埼玉、神奈川に約90店を展開し、価格は1皿130〜500円台と大手チェーンに比べてやや高めで、ネタの品質や鮮度の高さを売りとしています。

出張サービスを展開することで新たな収益の機会を確立すると共に銚子丸の味を広め、新たな顧客の開拓にもつなげたい考えです。