吉野家ホールディングス(HD)とすかいらーくホールディングス(HD)は8月23日、「吉野家」「はなまるうどん」「ガスト」の3チェーンで使える共通の割引券を発行すると発表しました。牛丼チェーン2位とファミリーレストラン最大手が企業の壁を超えてタッグを組み、相互送客を図ります。

割引券の名称は「3社合同定期券」で、価格は300円です。吉野家HDが展開する「吉野家」(国内1203店)と「はなまるうどん」(同472店)、すかいらーくHDの「ガスト」(同1367店)で使えます。

9月10日から10月21日に店頭で提示するたびに、吉野家で80円引き、ガストで100円引きとなり、はなまるは天ぷら1個(100〜170円)が無料になります。期間中、何度でも利用できます。

吉野家HD傘下の吉野家とはなまるは昨年、両チェーンで使える割引の定期券を始めています。今回はライバル関係にある外食大手が手を組む格好で、異例の提携となります。外食市場が伸び悩み中食市場が拡大するなか、相互送客を図るほか、チェーン店を訪れる人を増やしたい考えです。