アマゾンジャパンは8月29日、実店舗でスマートフォンとQRコードを使って決済ができるサービスを始めました。アマゾンがグループの実店舗以外で決済サービスを手掛けるのは世界初となります。

決済の流れは次のとおりです。まず、客は自分のスマホでアマゾンのアプリを起動し、QRコードを表示します。店側はタブレット端末に金額を入力してカメラを起動し、客のQRコードを読み取ると決済が完了します。

客はアマゾンの通販サイトのクレジットカード決済「アマゾンペイ」のIDをそのまま使うことができます。

タブレットは、決済サービスのスタートアップ企業、NIPPON PAY(ニッポンペイ)と組み、小売店などに無料で貸し出します。まず東京都内や福岡市内の飲食店や小売店など数十店舗でサービスを始めます。

12月末までにアマゾンのサービスに対応したニッポンペイの決済システムを導入すれば、店側がアマゾンに支払う手数料(3.5%)が2020年末まで無料となります。

クレジットカードなど日本のキャッシュレスサービスの手数料は決済額の3〜4%が主流で、1%台とされる店舗の現金の管理コストも下回るため、店側の利益につながりそうです。

スマホでのQRコード決済には楽天やLINE、ヤフーなどIT企業のほかNTTドコモや大手銀行なども参入しています。LINEやヤフーとソフトバンクが出資する「ペイペイ」は、決済手数料を一時無料にするなど加盟店獲得競争は激しさを増しています。