1200円のラーメンが美味しいと評判の「神名備(かむなび)」。JR山手線の西日暮里駅から徒歩10分、東京メトロ千代田線の千駄木駅から徒歩10分のところにあります。

とある週末の昼12時少し手前、12時の開店を待っている7人の行列ができていました。鉄道の駅からは遠い住宅街にあるにもかかわらずなかなかの人気です。

店舗は年季が入っています。店内はカウンター席とテーブル席合わせて13席が設けられています。

ラーメンのレギュラーメニューは、「醤油ラーメン」(税別1200円)、「塩ラーメン」(同1200円)、「チャーシューメン 醤油」(同1900円)、「チャーシューメン 塩」(同1900円)、「ごまの酸辣麺」(同1900円)の5つです。ラーメンの値段としてはどれも高めですね。

1番人気と言われた「醤油ラーメン」を注文しました。まず目を引いたのが巨大なチャーシューです。厚さが1cm、縦・横それぞれ5cm・10cmぐらいあります。普通のラーメンでこの大きさなので、チャーシューメンの方は推して知るべしですね。

具は巨大なチャーシューのほか、もやし、刻みネギ、揚げネギが麺の上に載っています。スープは背脂が多めの醤油スープです。

味はどうでしょうか。なかなかおいしいですね。醤油スープはあっさりしています。醤油の味に加え薬膳のような味がわずかにします。独特のスープですね。チャーシューは食べ応えがあります。

個人的には1200円は高いように思いましたが、好きな人にとっては、1200円は安いのかもしれません。好きな人は好きな味でしょう。

同店の接客サービス力はかなり高いですね。あいさつがしっかりできています。また、対応してくれた店員さんがすごく親切、丁寧で、メニューについて詳しく説明してくれました。こういった接客サービス力が、常連さんを作り出す原動力となっているのではないでしょうか。

行列ができるのも納得です。