居酒屋「串カツ田中」を展開する串カツ田中ホールディングスは9月5日、9割超の店舗で6月1日に全席禁煙に踏み切ってから3カ月目となる8月の既存店売上高が前年同月比で9.7%増だったと発表しました。

串カツ田中、全国160店で全席禁煙。6月から

客数が12.1%増と大幅に増えたことが売上高を押し上げました。8月4日〜19日の土曜と日曜に、全店舗の3分の1にあたる64店で、午後2時までに来店した客に対して多くの串カツが割引となる串カツ全品108円(税込)キャンペーンを実施したほか、16日からは81店において、1日30名限定でほぼ全品が食べ放題となるコースと串カツが食べ放題となるコースを設けるなど、積極的な販促が功を奏しました。

禁煙化により早い時間帯の客数が増加したことを受け、8月1日から土曜と日曜の開店時間を早めたほか、深夜帯の客数が減っていることを受け、すべての曜日の閉店時間を早めています。これにより客層が変化し、会社員・男性客が大幅に減った一方、家族客が大幅に増えたといいます。

串カツ田中、禁煙化で6月既存店売上高が2.9%減。会社員・男性は6%減