明治36年(1903年)創業、ランチでは豪華な海鮮料理をリーズナブルな価格で提供し、ディナーでは新鮮なネタのすしなどを楽しめることで人気の老舗のすし店「すし定」。JR線の神田駅から徒歩3分、東京メトロの神田駅・大手町駅からそれぞれ徒歩6分、商店街の一角にあります。

とある平日の昼時、約10人の行列ができていました。

店舗は1階と2階の2フロアで構成されており、全31席が設けられています。スーツ姿のビジネスパーソンと思しき人たちを中心に賑わっていました。

ランチメニューは各種「ちらし」と「ねぎとろ丼」を用意しています。他に「にぎり」もありますが、訪れた時は販売を中止していました。

さて、「ちらし大盛り」(税込み1150円)を注文しました。ご飯の上にさまざまなネタが載っています。ネギトロ、中落ち、マグロ、イカ、タコ、エビ、かにたま、さつま揚げ、タマゴ、タラコ、ポテトサラダなどがありました。これに味噌汁が付きます。

味はどうでしょうか。なかなかおいしいですね。ネタはどれも新鮮です。量もあり食べ応えがあります。ネタがバラエティ豊かなのでさまざまな味を楽しむことができ、飽きが来ません。これで1150円です。コスパが良すぎですね。

行列ができるのも納得です。