スープ春雨「麻辣湯」と「薬膳火鍋」の専門店「七宝 麻辣湯」。赤坂店は東京メトロの赤坂見附駅から徒歩3分のところにあります。

麻辣湯とは、唐辛子などの香辛料によるスープに肉や野菜などを入れて煮込んだスープ春雨のことで、中国で人気の料理です。七宝ではお客が選んだ食材を使って調理します。

薬膳火鍋は、香辛料や漢方薬などを煮込んだスープに肉などを入れて食べる料理で、こちらも中国で人気があります。七宝の薬膳火鍋は麻辣湯のスープをベースにしています。

とある平日の昼時、店内外に約10人の行列ができていました。

店内はやや手狭です。近隣で働く女性会社員と思しき人たちを中心に賑わっていました。27席を設けています。オープンテラスもあります。

店内のショーケースには肉や野菜、キノコなどの食材が数十種類並べられています。ランチメニューの「スープ春雨(麻辣湯)」(税込み720円)では、この中から好きなもの3つ選んで調理してもらいます。追加料金を払うことで食材を追加することもできます。

さて、「スープ春雨(麻辣湯)」を注文しました。食材は2種類の緑色野菜とブナシメジを選んでいます。辛さを6段階の中から選ぶことができ、4番目に辛い「中辛」を選びました。辛さによっては追加料金が必要になります。やや黒ずんだ赤色のスープに春雨と3つの食材が煮込まれています。

味はどうでしょうか。かなりおいしいですね。スープが絶品で、香辛料の旨みが凝縮されています。そして辛味が程よく効いています。スープは食材とも合いますね。これは特に女性が好きでしょう。

行列ができるのも納得です。