ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を運営するモスフードサービスは9月16日、「モスバーガー茅野沖田店」(長野県茅野市)が食中毒の原因施設だったとして、長野県諏訪保健所より16日から3日間の営業停止処分を受けたと発表しました。

8月17〜23日に同店を利用した2人に食中毒の症状がみられ、9月5日に保健所が立入検査を実施した結果、腸管出血性大腸菌O121は同じ遺伝子型だったため食中毒事故の発生施設と断定され、今回の措置に至ったといいます。

この問題で同社は、関東甲信地方8都県にある19店舗を8月10〜23日に利用した計28人がO121に感染したと発表したものの、店舗名や詳しい所在地は明らかにしていませんでした。一連の問題では、長野県上田市の店舗もすでに営業停止処分を受けています。

モスバーガー、8都県28人が食中毒。本部納入の食材が原因か