東京の“たい焼き御三家”のひとつと言われる老舗のたい焼き店「柳屋」。東京メトロの人形町駅から徒歩3分のところにあります。

なお、たい焼き御三家の残り2つは、麻布十番の「浪花家総本店」と四ツ谷の「たいやき わかば」になるそうです。

四ツ谷「たいやき わかば」に行列

柳屋は大正5年(1916年)創業で、人形町にある甘酒横丁の一角にあります。甘酒横丁は昔ながらの老舗や名店が軒を連ねており、風情があります。

なお、柳屋には飲食できるスペースはなく、テイクアウトのみとなっています。店の前にベンチがあり、そこで食べる人もいます。

メニューは、焼きゴテで1つずつ焼きあげる「たい焼き」(税込み150円)のほか、「アイス最中(バニラ、小倉)」(同160円)があります。

とある平日の夕方、6人の行列ができていました。

「たい焼き」を購入しました。見た目は一般的なたい焼きと変わりませんが、ところどころに焼き焦げが残っているのが特徴的です。

味はどうでしょうか。なかなかおいしいですね。皮はパリッとした食感があります。中にはあんこがぎっしり詰まっています。あんこの甘みはちょうど良いですね。焼き立てなので皮とあんこは熱々です。

行列ができるのも納得です。