煮干しラーメンを売りとする「らぁめん小池」。京王本線上北沢駅から徒歩4分のところにあります。幹線道路沿いの住宅街の一角に立地しています。看板に大きく「らぁめん」と書いてあり、提灯には「小池」と書いてあります。店の隣にコインパーキングがあるので車で訪れることもできます。

同店は「ミシュランガイド東京2018」でお勧めの店であることを示す称号「ビブグルマン」に選ばれました。3年連続での選出です。

とある平日の昼時、1人の来店客が席が空くのを店内で待っていました。

店内はラフな格好の男性客を中心に賑わっていました。ラーメン好きが集まっているのかもしれません。席はカウンターで11席を設けています。

メニューは「煮干しラーメン」(税込み780円)や「濃厚ラーメン」(同800円)、「ニボ台湾ラーメン」(同780円)などがあります。

さて、「特製 煮干しラーメン」(同980円)を注文しました。煮干しダシのスープに細麺が入っていて、レアチャーシューと鶏団子、タマゴ、刻みタマネギ、小松菜が載っています。「特製」ではない「煮干しラーメン」と違うのは、チャーシューと鶏団子の量が多く、タマゴが付いていることです。

味はどうでしょうか。かなり美味しいですね。スープはあっさりしていながらも煮干しの旨みがしっかり凝縮されていて奥深い味わいがあります。スープは麺と具によく合いますね。具は特にレアチャーシューが絶品で、食感は生ハムのようで、味は表現が難しく、なんとも言えない味わいのチャーシューを楽しむことができます。

店員さんの接客サービスも良いですね。あいさつが非常に丁寧で、言葉の端々から来店客をもてなそうという気持ちが強く伝わってきます。機械的なあいさつではなく、心のこもったあいさつを耳にすることができました。

また訪れたいと思いましたね。