香川県高松市に本店を構える讃岐うどんの名店「香川 一福(いっぷく)」。神田店は東京メトロ・小川町駅から徒歩4分のところにあります。

同店は「ミシュランガイド東京2018」でお勧めの店であることを示す称号「ビブグルマン」に選ばれました。2年連続での選出です。

とある平日の昼時、7人の行列ができていました。

店内はビジネスパーソンと思しき人を中心に賑わっていました。意外に女性が多く、半数程度を占めていました。

同店は各種うどんメニューを取りそろえていますが、名物となっているのが数量限定の「カレーうどん」(小680円、中750円、大820円、いずれも税込み)です。四ツ谷の老舗フランス料理店「北島亭」とコラボしたカレーうどんです。カレーはA5・A4ランクの和牛とたくさんの野菜からとったフォンドボーを使用しているといいます。

さっそく「カレーうどん」の「小」サイズを注文しました。麺の上にカレーがたっぷりかけられ、その上に刻みネギとバターが載っています。別の器でだし汁が付き、好みでカレーうどんに加えることができます。

味はどうでしょうか。かなり美味しいですね。カレーは濃厚な味わいがあります。カレーだけでも十分おいしいですね。麺はしっかりとしたコシがあり、食べ応えがあります。そして、カレーが麺によく絡まります。両者の相性は抜群に良いですね。だし汁を加えるとまた違った味わいを楽しむことができます。

行列ができるのも納得です。