汁なし担々麺が人気の「紅蠍(べにかつ)」。超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」から徒歩2分、東京メトロ・虎ノ門駅から徒歩8分のところに立地している。

 なお同店は2018年12月20日に閉店するとのこと。

 とある平日の昼時、2人の行列ができていた。

 店内はややこじんまりしている。スーツ姿のビジネスパーソンと思しき人や私服姿の若い男性を中心に賑わっていた。カウンターで9席を設けている。

 メニューは「汁なし担々麺」(税込み880円)、「ジャージャー麺」(同880円)、「白胡麻担々麺」(同900円)、「油そば」(同880円)、「辛和風つけ麺」(同950円)などがある。麺の大盛りは一部のメニューを除き無料となっている。また辛さを3段階の中から選ぶことができる。ラーメンとは別に肉味噌が載ったモヤシがついてくる。

 「汁なし担々麺」を注文した。麺の量は並盛りを選択し、辛さはもっとも辛くないものを選んでいる。ゴマだれの上に太めの平打ち麺が盛られていて、その上に豚の角煮、水菜、糸唐辛子が載っている。肉味噌モヤシを加えて食べることもできる。

 味はどうだろうか。まずまず美味しい。ゴマだれが濃厚で麺によく絡まる。辛さはちょうど良い。角煮は味がしっかりしていて濃厚な味わいがあった。肉味噌モヤシを担々麺に混ぜて食べても美味しい。

 行列ができるのも納得だ。