楽天と西友が共同でネットスーパーを本格展開

 楽天と西友は10月25日、インターネットで注文を受け付け商品を届ける「楽天西友ネットスーパー」を本格的に始めたと発表した。両社のノウハウを持ち寄ることで利便性を高め、アマゾンなどの競合に対抗したい考えだ。

 西友が得意とする生鮮食品などの食品や日用品のほか、時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、食材と調味料がセットになった「ミールキット」、楽天のネット通販「楽天市場」で取り扱う地域産品、楽天の農業サービス「ラグリ」の有機野菜や有機野菜サラダなど最大で2万点の商品を提供する。

 まずは東京都など16都道府県から始める。配送料は税込み432円だが、一定金額を超える注文であれば無料となる。入会費や年会費はかからない。注文から最短4時間で届け、午後3時までの注文であれば一部地域を除き当日配送が可能だという。商品を購入すると、楽天が提供するポイントを貯めることができる。

 楽天西友ネットスーパーの本格展開に合わせ、物流網を拡張したことも明らかにした。千葉県柏市のネットスーパー専用センターを建設したほか、都内数カ所に配送拠点を設置した。専用センターは冷蔵・冷凍庫を完備し、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品を保管できるという。

食品のネット通販は難しい?!

 ネットスーパーの需要は拡大しているが、とはいえ、食品のネット通販化率はまだまだ低水準にとどまっている。経済産業省によると、2017年の物販全体のネット通販化率は5.8%だったが、食品は2.4%と低率だった。現物を手に取って見たいという消費者ニーズがあるほか、鮮度の維持や物流網の構築といった面で課題があり、普及の足かせとなっている。

 ただ、共働き世帯や単身世帯、シニア層が増加していることで買い物を簡単に済ませたいというニーズは高まっており、ネットスーパーの需要は今後さらに高まっていくとみられる。

 こうした状況を受けて、食品のネット通販を強化する企業が相次いでいる。アマゾンは17年4月に日本で生鮮食品を販売・配送するサービス「アマゾンフレッシュ」を始めた。セブン&アイ・ホールディングスはアスクルと組み、17年11月に同様のサービス「IYフレッシュ」を開始している。