ゾゾタウンのZOZOが大幅減益に

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(旧スタートトゥデイ)の2018年4〜9月期の連結決算は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比34.1%減の62億円だった。この期間での減益は6年ぶり。無料配布する採寸用の「ゾゾスーツ」のコストがかさんだほか、ゾゾスーツで採寸して作るプライベートブランド(PB)「ゾゾ」の販売が目標に届かなかった。

 ゾゾスーツ配布などで広告宣伝費が増加したほか、運賃改定により荷造運搬費が増加したことなどで販管費が上昇し利益を押し下げた。販管費が商品取扱高に占める割合は27.6%と前年同期から6.2ポイント上昇した。PB事業の営業損益は70億円の赤字だった。PB事業が足を引っ張り、連結営業利益は27.3%減の100億円だった。

 4〜9月期の売上高は前年同期比25.9%増の537億円だった。ゾゾタウンでの商品取扱高が18.0%増の1412億円と伸びたことが大きく寄与した。

 ただ、注目を集めるゾゾの7〜9月期の売り上げは、15億円の目標に対して5億4000万円にとどまった。15億4000万円の受注があったが、生産の不備により商品の発送に遅れが生じたことが影響した。特にビジネススーツは2週間で発送するところ、最大3カ月かかる状況だという。

 生産遅延に対しては生産体制を強化することで解消を目指す。大量生産前に効果的な生産ができるかを実験する「ZOZOスマートファクトリー」を千葉市にある本社近くに建設したことを発表、効率的な生産を実現し遅延を解消するという。

ゾゾスーツは今後減っていく?!

 今後はゾゾスーツなしでもゾゾを買えるよう機能を強化する。ゾゾスーツで採寸して集めたデータ群に加え、身長などの基礎情報と既存製品に対して消費者から寄せられた情報を活用し、通常の体型であれば、身長と体重、年代、性別を入力してもらうだけでサイズ提案が可能になるという。まずはデニムとTシャツから始め、今後、ビジネススーツを含めた全商品に広げる。

 ゾゾスーツが不要になるため、当初予定していた今期のゾゾスーツの配布枚数を600万〜1000万枚から最大300万枚に変更する。これにより約70億円かかる予定だったコストは30億円少ない40億円になる見込みだという。ゾゾスーツは今後、利用者の特性を知るためのデータ収集に利用する。「無料で大量にゾゾスーツをばら撒くことはいずれやめる」(前澤友作ZOZO社長)という。