モスが初となるセミセルフレジ導入へ

 モスフードサービスは11月6日、利用客が専用の支払機に代金を入れて精算する「セミセルフレジ」を東京のモスバーガー1店舗と関西の6店舗に順次導入すると発表した。国内モスバーガー店舗での導入は今回が初めて。

 試験的に導入した店舗では、会計に要する時間が1人あたり最大5秒ほど減少し、昼のピーク時のレジ回転数が約50%向上(オーダー数で60オーダーから90オーダー程度に増加)した。

 利用客はまず店員がいるカウンターで商品を注文。次にセミセルフレジで代金を支払い、商品を受け取る。電話やインターネットで事前に注文することも可能。支払いは現金のほか、クレジットカード(Visa、mastercard、銀聯)、電子マネー(楽天Edy、交通系、モスカード)に対応する。

 11月7日に東京のワンザ有明店に導入する。関西では、11月7日に江坂店、11月13日に西宮マルナカ店、11月14日に扇町関西テレビ前店、11月15日に京阪守口店、11月20日に西宮北口店、11月22日に四条河原町店に導入する。

 今回導入するセミセルフレジは、既存のレジ機に専用のアプリと自動釣銭機を追加する方式のため、導入コストを抑えることができるという。

 セミセルフレジを導入することでピーク時のレジ回転数を高めることができるため、来店客のレジ待ちの時間を短縮できるとしている。

 今後は、セミセルフレジの導入を進めるとともに、フルセルフ型のレジの採用を含め、店舗の状況に合った最適なシステムの開発・導入を進めるという。