スタバが日本でもプラ製ストロー全廃へ

 スターバックスコーヒージャパンは11月8日、日本のスターバックス店舗で使い捨てのプラスチック製ストローの使用を2020年半ばまでに撤廃すると発表した。

 大半の飲み物には、リッドと呼ばれる飲み口があるフタをカップにかぶせて提供する。これにより、ストローがなくても飲めるという。フラペチーノなどリッドでは対応できない飲み物やストローを必要とする客には、環境に配慮した非プラスチック製のストローを提供する。

 先駆けるかたちで19年の春から、焙煎設備併設の新コンセプトストア「スターバックスリザーブロースタリー」で試験運用を始める。

 親会社の米スターバックス・コーポレーションは今年7月に、全世界のスターバックス店舗で使い捨てのプラスチック製ストローの使用を20年末までに全廃することを発表している。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら