イオンと中部電力がFITの「2019年問題」に向けて新サービス

 イオンと中部電力は11月12日、住宅向け太陽光発電の余剰電力を買い取るサービスを2019年11月から始めると発表した。

 中部エリアを対象に中部電力が消費者の余剰電力を募り、イオンに届ける。消費者には電力の提供量に応じ、イオンの「WAONポイント」を提供する。消費者は提供を受けた「WAONポイント」をイオンの電子マネー「WAON」交換でき、WAON加盟店で利用することができる。

 大手電力による固定価格での電力買い取り(FIT)が2019年以降切れる「2019年問題」に合わせ、中部電力が展開する「これからデンキ」のサービスのひとつとして実施する。

 イオンは新サービスで電力の提供を受け、店舗から排出される二酸化炭素(CO2)の量を減らす考え。イオンは「イオン脱炭素ビジョン2050」を掲げ、30年までに店舗で排出するCO2などの総量を10年比で35%削減し、50年までにはゼロにすることを目標としている。