これまでとは大きく異なる都心型の小型店舗を出店

 家具販売大手のイケア・ジャパンは11月15日、東京・原宿に2020年春をメドに出店すると発表した。イケアの店舗は郊外立地が多いが、都心部でも有数の街として知られる原宿に出店することで、ブランドイメージの向上と新たな顧客の開拓を図りたい考えだ。

 JR原宿駅近くの立地で、NTT都市開発が開発中の、商業と賃貸住宅の複合ビルの建設を含む周辺の敷地を一体的に建替える再開発事業「原宿駅前プロジェクト」内に出店する。イケアが出店する店舗の敷地面積は約2500平方メートル。従来の店舗に比べて小型の店舗となる。20年春の開業を予定している。

 イケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長は「東京の都心出店で多くの消費者にイケアを体験してもらいたい。食事も提供する予定」とコメントした。

 イケアは06年に千葉・船橋に日本1号店を出店。現在国内では9店舗を展開している。