話題性のあるキャンペーンにより需要の掘り起こしを図る

 ファミリーマートは11月21日、パンメーカー9社が参加した「うまいパン決定戦」を開くと発表した。新たな看板商品を生み出すとともにパン需要を掘り起こしたい考えだ。

 11月27日〜12月17日にかけて、一部エリアを除く全国約1万6000店で実施する。山崎製パンや神戸屋、敷島製パンなど9社のパンメーカーがフルーツをテーマに商品を開発し売り出す。全国を5つのブロックに分け、期間内の販売金額を競う。各ブロックで1位になったパンは2019年1月に「うまいパンNo.1」として各ブロックで再販売する。決定戦の途中経過は専用のウェブサイトで紹介し、優勝記念企画も実施する予定。

 決定戦に参加する企業は、伊藤製パン(さいたま市)、神戸屋(大阪市)、札幌パリ(札幌市)、敷島製パン(名古屋市)、白石食品工業(盛岡市)、日糧製パン(札幌市)、フジパン(名古屋市)、山崎製パン(東京都千代田区)、リョーユーパン(福岡県大野城市)の9社。

 各社はフルーツをテーマに商品を開発した。山崎製パンは白いビスケット生地をかぶせたメロンパンで2種類のクリームを包んだ「白いメロンパン(赤肉メロン入りクリーム&ホイップ)」(138円)を販売する。伊藤製パンは「洋梨キャラメルデニッシュ」(138円)、神戸屋は「まるでリンゴ」(128円)、敷島製パンは「クランベリー&チーズクリームパン」(128円)を売り出す。

 札幌パリは北海道産小麦の小麦粉をブレンドしたキャラメル風味のケーキ生地にリンゴのシロップ漬けを加えた「キャラメルアップルケーキ」(138円)を発売する。白石食品工業は「りんごパンケーキ」(128円)、日糧製パンは「アップルレーズンデニッシュ」(138円)、フジパンはピザパン(パイン&アップル)」(138円)、リョーユーパンは「熊本メロンホイップサンド」(138円)を売り出す。