渋谷に摩天楼

 東京急行電鉄などは東京・渋谷で、超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」の東棟を2019年秋に開業すると発表した。渋谷駅の真上に建ち、JRや東京メトロ、東急の各線と直結する。渋谷の新たなランドマークを目指す。

 高さ約230メートルで渋谷で最高峰のビルとなる。地上47階・地下7階建て、延べ床面積は約18万1000平方メートル。

 地下2階から地上14階までが商業施設となる。15階には産業交流施設「渋谷キューズ」を開設する。イベントなどで200人程度を収容できるスペースなどを設ける。17〜45階はオフィスフロアとなる。サイバーエージェントやミクシィなどが入居する予定。

 屋上には約2500平方メートルと国内最大級の屋外展望台「渋谷スカイ」を設置する。渋谷駅前のスクランブル交差点を見下ろすことができ、富士山や東京スカイツリーなども一望できるという。

 渋谷スクランブルスクエアは渋谷駅の真上に3棟を建設する大規模プロジェクトで、東急電鉄とJR東日本、東京メトロが共同出資する渋谷スクランブルスクエアが運営する。

 19年秋に開業するのは3棟のうちの1つの「東棟」で、残りの「中央棟」(高さ約61メートル、地上10階・地下2階)と「西棟」(高さ約76メートル、地上13階・地下5階)は27年に開業を予定している。