アマゾンが「サイバーマンデー」

 アマゾンジャパンは、12月7日の午後6時から11日の午前1時59分までの80時間限定セール「サイバーマンデー」を実施する。

 「特選タイムセール」では、5段階で商品を評価する「カスタマーレビュー」で星の数が4つ以上(最高評価は星の数が5つ)の商品を中心に取りそろえる。「数量限定タイムセール」では、数量限定の商品を5分ごとに出品する。実施は最大8時間となる。

 アマゾンが第三者機関を通じて世界的に実施した調査によると、クリスマスから年末年始にかけての期間「ホリデーシーズン」にストレスを感じる人は78%に上るという。その理由として「買い物の人混み」が51%で最多となり、「プレゼント選び」(49%)が続いた。アマゾンはサイバーマンデーのセールでこういった人たちを取り込みたい考えだ。

 サイバーマンデーとは、米国で毎年11月の第4木曜日に催される「感謝祭」の翌週の月曜日のこと。感謝祭の翌日の金曜日が「ブラックフライデー」となり、クリスマス商戦の初日となる。これに続く土曜日と日曜日に実店舗で買い物を楽しみ、続く月曜日に職場のパソコンなどからネットショッピングをする人が多く、この日を「サイバーマンデー」としてネット通販事業者がセールを行うようになった。

 アマゾンジャパンは日本で独自に12月7日からサイバーマンデーのセールを実施する。

 アマゾンジャパンに先行するかたちで11月26日のサイバーマンデーにセールを実施した米アマゾン・ドット・コムは27日、同セールで注文を受け付けた商品が過去最多になったと発表した。米国で年末商戦が始まった22日から26日までの5日間では合計1億8000個を超える注文を受けたという。