野菜工場からも調達し供給の安定化狙う

 セブン-イレブン・ジャパンは11月28日、サラダなどに使うレタスを生産する野菜工場を2019年1月から稼働し、コンビニエンスストア向けに調達を始めると発表した。

 野菜工場は神奈川相模原市に建設、プリマハム傘下のプライムデリカが運営する。19年1月に稼働を開始する。20年春ごろに全面稼働する予定で、それにより1日約3トンのレタスの生産が可能になるという。まずは神奈川県内の一部店舗で販売するサラダなどに使うレタスの生産を始める。供給先の店舗は順次拡大していく。

 野菜工場は同じ敷地内にある食品製造工場と直結している。そのため、野菜は外気に触れることがない。また、屋内で栽培するため、天候や気温に左右されず安定的な収穫が可能になるほか、害虫や病気からの影響を最低限度に抑えることができるので無農薬栽培も可能だという。

 種まきから収穫までの各工程において安川電機の自動化技術を導入し、省力化を図ったほか、発光ダイオード(LED)の光で育成し、レタスのビタミンC含有量の強化も可能にした。収穫までの日数の短縮化も実現し、一般的な畑での栽培では約2カ月かかるところを38日間で収穫できるようにした。

(関連記事:セブンが植物工場 サラダ7万食相当のレタス調達