ディズニー5カ所目のホテル開業へ

 オリエンタルランドは11月28日、映画「トイ・ストーリー」をテーマとするホテルを東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)内に2021年度をめどに新設すると発表した。

 ホテルの外観から中庭までおもちゃで作られたデザインを採用。客室は約600室。同映画の人気キャラクター「アンディ」の部屋をイメージする客室を設けるなど、トイ・ストーリーの世界観を体験できるようなデザインにする。

 315億円を投資する。ホテルは地上11階、地下1階の構造。ホテル棟の延べ床面積は約4万平方メートル。レストランやディズニーショップ、駐車場なども設ける。

 ディズニーホテルは現在、「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「東京ディズニーランドホテル」「東京ディズニーセレブレーションホテル」の4つがある。トイ・ストーリーをテーマにしたホテルは5カ所目。22年度には東京ディズニーシーの拡張部分に6カ所目のホテルを新設する予定。今後の来場者の拡大を見込み、宿泊客の取り込みも狙う。

(関連記事:ディズニーシー拡張へ。「アナ雪」などテーマの新アトラクション導入