スタバとLINEが業務提携

 スターバックスコーヒージャパンは12月5日、無料通話アプリを手がけるLINE(ライン)とデジタル分野で業務提携したと発表した。年内に一部店舗で、スマートフォンを活用したLINEの決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」を導入する。年明け以降、導入店舗を順次増やす方針。

 来店客は、会計時にスマホでQRコードを表示させ、店内の決済端末に読み取らせるとキャッシュレスで支払いができる。

 スタバはすでに自社のカードやスマホアプリを使ったレジでのキャッシュレス決済を導入し、4人に1人が利用しているという。ラインペイを導入することで、キャッシュレス決済を広げたい考えだ。

 2019年春にはスタバのLINE公式アカウントを開設し、新商品情報などを提供する方針。