100億円を還元

 スマートフォン決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が12月4日からスタートした。ペイペイはソフトバンクとヤフーが設立したスマホ決済会社、ペイペイのサービス。

 キャンペーンでは、支払い額の20%分の電子マネー(月5万円相当まで)を還元する。抽選で40回に1回の確率で全額(10万円相当まで)が戻ってくる。還元総額は100億円。キャンペーンは2019年3月31日までだが、付与金額が100億円に達した場合はキャンペーン終了となる。

 ソフトバンク、ヤフーとの共同で、全額還元の確率が上がるキャンペーンも実施する。ソフトバンクとワイモバイルのユーザーは確率が10回に1回、ヤフーの有料サービス「ヤフープレミアム」の会員は20回に1回となる。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら