利用が殺到し前倒しで終了

ソフトバンクとヤフーが設立したスマートフォン決済サービス会社、ペイペイは12月13日、支払いごとに20%分のポイントを還元するキャンペーンを終了したと発表した。還元額が上限の100億円に達したため。実施期間は4カ月を計画していたが、10日で終えることになった。

(関連記事:PayPay、「100億円あげちゃうキャンペーン」実施

ペイペイは今月4日に「100億円あげちゃうキャンペーン」を始め、支払いごとに20%分のポイントを還元するほか、くじに当たれば全額を還元するという大盤振る舞いをして利用者の獲得を狙った。来年3月末までを期限とし、100億円に達したら終了するとしていた。13日中に100億円を使い果たしたため、キャンペーンを終了させることになった。

ペイペイの決済サービスは、画面に表示されたバーコードを店員に読み込んでもらうか、店に設置されたQRコードを利用者が読み込むと決済が完了する仕組み。

サービスが使える家電量販店などに利用者が一時殺到する現象が起きた。利用者が集中したことで、複数回にわたって、一時サービスが使いづらくなった。