出典:セブン-イレブン・ジャパンニュースリリース

顔認証技術を使ってレジを無人に

 セブン-イレブン・ジャパンは12月17日、NECと共同で無人レジの「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」をオープンした。

(関連記事:セブン、レジ無人の実験店 顔認証で入店や決済

 顔認証技術を使って、入店や会計時に利用者を特定する仕組みを導入した。同店はNECの従業員だけが利用できる。支払いは給与天引きで、カメラで顔認証するか社員証をかざして決済する。現金などで決済する手間を省いた。

 顔画像から入店客の年齢や性別を推定し、おすすめの広告を表示するデジタルサイネージ(電子看板)を導入した。同様の技術を備えたロボットも配置。おすすめの商品を提案する。

 同店の売り場は通常のセブンイレブンの1割強の広さで、弁当やおにぎり、サンドイッチ、いれたてコーヒー、菓子、雑貨など約400品目を扱う。