フルーツをテーマにしたパンで競う

 ファミリーマートは1月24日、昨年11~12月に行った全国のパンメーカー9社が開発した新商品の売り上げを競う「うまいパン決定戦」の結果を発表した。優勝は神戸屋の「まるでリンゴ」(128円)と山崎製パンの「白いメロンパン(赤肉メロン入りクリーム&ホイップ)」(138円)の2商品だった。

 昨年11月27日~12月17日にかけて行われた。ファミマは全国の約1万6000店を地域で5つのブロックに分け、山崎製パンや神戸屋、敷島製パンなど9社のパンメーカーがフルーツをテーマに商品を開発して売り出し、期間内の販売金額を競った。各ブロックで1位になったパンは1月29日から各ブロックで再販売する。

 山崎製パンは北海道、東北、九州の3ブロックで優勝した。神戸屋は関東・甲信越・福島、関西・東海・北陸・中国・四国の2ブロックで優勝した。山崎製パンは9メーカーの中で唯一、すべてのブロックで決定戦用の商品を販売した。

 神戸屋の「まるでリンゴ」はパイ生地に2種類のリンゴとカスタードクリームを載せたリンゴ形状のアップルパイ。

 山崎製パンの「白いメロンパン(赤肉メロン入りクリーム&ホイップ)」は白いビスケット生地で2種類のクリームを包んだメロンパン。

(関連記事:ファミマが「うまいパン決定戦」 メーカー9社が販売金額を競う