赤字企業を売却

 トレーニングジム大手のRIZAP(ライザップ)グループは1月25日、化粧品の製造・販売を手がける子会社、ジャパンゲートウェイの売却を発表した。ライザップはM&A(企業の合併・買収)を進めてきたが、不採算企業を整理する方針に転換し、トレーニングジムなど本業に経営資源を集中させ、収益力の向上を狙う。

 売却先は名古屋市の投資会社「萬楽庵」。売却額は非公表だが数億円とみられる。2019年3月期に約8億円の売却損を計上する見通し。

 ジャパンゲートウェイは17年12月にライザップ傘下に入った。テレビCMの大量出稿などライザップ流の大規模なマーケティング策を展開したが、業績向上には至らなかった。ライザップの18年4~9月期の営業損益は88億円の赤字だが、ジャパンゲートウェイに由来するの営業損失は約20億円にも上り、グループ全体の約4分の1を占めた。

 ライザップはジャパンゲートウェイを含む傘下企業の不振で昨年11月に19年3月期の業績予想の修正を発表。営業利益は当初の230億円から33億円の赤字へと修正した。グループの構造改革に着手し、M&Aを凍結するほか、業績改善が見込めない事業や他の事業との相乗効果が見込めない事業は縮小・撤退する方針だ。