テーブル設置のセンサーから情報集めリアルタイムでサイトに掲載

 ヤフーは1月22日、飲食店のテーブルに設置した「人感センサー」で席の情報を取得し、インターネット上からリアルタイムで空席情報を確認できる実証実験を開始すると発表した。東京・新宿西口エリアの大手居酒屋チェーン6店舗で、1月24日~2月26日まで実施する。

 店側は客が着席しているかどうかを感知する人感センサーをテーブルに設置し、店舗で集めた情報をヤフーのサーバーに自動送信する。ヤフーのサーバーは空席情報を計算し、「空席あり」「残りわずか」「混雑中(お問い合わせください)」などと情報をサイト上に掲載する。

 実証実験にあたり、飲食店予約サイト「ヤフーダイニング」に専用サイトを設ける。対象店舗は、「旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ 新宿西口店」「坐・和民 新宿西口店」「ニッポンまぐろ漁業団 新宿西口店」「北海道 新宿西口店」「北海道シントク町 塚田農場 新宿西口店」「宮崎県日南市 塚田農場 新宿西口郵便局前店」の6店舗。