消費期限切れ前にシール貼り替え

 ローソンは2月6日、埼玉県三郷市の「ローソン三郷天神一丁目店」と「ローソン三郷彦糸店」で、弁当やパンの消費期限を改ざんしていたことが判明したと発表した。健康被害の報告はないという。

 2店舗は同じオーナーが経営していた。従業員が店内調理の弁当やパンに貼られている消費期限記載のシールを期限が切れる2時間前に貼り替え、7時間延長していたという。両店とも既に閉店している。

 改ざんは、三郷彦糸店が2014年7月以降のどこかの時点から17年6月まで、三郷天神一丁目店が16年7月のオープン時から19年1月までという。三郷天神一丁目店では最大でおよそ1万3700個に上る可能性があり、三郷彦糸店の販売数は不明としている。

 従業員はおととし6月に退職しているが、店舗では引き続き改ざんが行われていた。また、両店舗を経営していたオーナーは、従業員による改ざんを把握していたという。ローソンは購入した人には、レシートと引き換えに返金するとしている。