ゴミ箱に捨てた魚を調理しようとした動画の投稿に対して法的措置

 回転ずしチェーン「くら寿司」を運営するくらコーポレーションは2月8日、不適切な動画をインターネット上に投稿したアルバイト従業員2人に対し、雇用契約を終了し、刑事、民事での法的措置の準備に入ったと発表した。

 動画を投稿したのは「無添くら寿司守口店」(大阪府守口市)のアルバイト2人で、1人がゴミ箱に捨てた食材の魚をまな板に戻して調理しようとする動画をもう1人が撮影し、インターネット上に投稿した。

(関連記事:くら寿司、「不適切動画」で謝罪 ゴミ箱の魚をまな板に

 同社は法的措置の準備に入った理由として、「お客様、株主様、お取引先様に対し上場企業としての責任を果たし、全国で共に働く約3万3000人の従業員の信用回復のため」と、「多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNS投稿に対し、一石を投じるため」としている。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?