2018年のGDPも発表

 内閣府が2月14日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除いた実質で前期比0.3%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算で1.4%増だった。プラス成長は2四半期(6カ月)ぶり。7~9月期は自然災害が相次ぎ、生産や消費、輸出など幅広い面でマイナス成長になったが、10~12月期は被災した設備や施設が再開してプラスに回帰した。ただ、中国をはじめとするアジア向けなどで輸出は伸びを欠いた。

 項目別では、GDPの5割超を占める個人消費が前期比0.6%増と2四半期ぶりのプラスとなった。自然災害からの反動増で飲食や宿泊施設のサービスが増えたほか、自動車も好調だった。設備投資は2.4%増で2四半期ぶりのプラス。生産用機械の設備投資が回復した。住宅投資は1.1%増と2四半期連続でプラスだった。4~6月期に着工された新築住宅の工事の進み具合が反映された。

 輸出は0.9%増で2四半期ぶりのプラス。自然災害からの反動増で自動車の輸出が回復したものの、海外経済の失速を背景に半導体などで7~9月期の落ち込みを取り戻すまでには至らなかった。輸入は2.7%増で2四半期ぶりのプラス。国内景気の回復で携帯電話などの輸入が拡大した。

 物価変動の影響を加味した、生活実感に近い名目GDPは0.3%増、年率換算で1.1%増と2四半期ぶりのプラスとなった。

 同日発表の18年のGDPは実質値が前年比0.7%増で7年連続のプラス成長だった。名目値は前年比0.6%増の548.5兆円で過去最大を更新し、7年連続でプラス成長だった。

 ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」の苦戦が続いている。既存店売上高は8月まで17カ月連続で前年割れだ。直近決算では大幅減益となった。苦戦の理由として「家族連れに好かれていない」ことが挙げられる。それはなぜか?