紳士肌着や収納家具などが中心

 衣料品雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は2月15日から約60品目の商品の値下げを始めた。紳士肌着や収納家具などを中心に実施。消費者の節約志向が続くなか、値下げにより来店客数の増加につなげたい考え。

 春夏商品の価格を見直す。例えば、「脇に縫い目がない天竺編みVネック半袖Tシャツ(2枚組)」が1290円から990円に下がる。「オーブントースター」は1510円安い4990円になる。「アルミハンガー(パンツ/スカート用)」は450円から390円に引き下げる。

同社は2017年から定期的に商品の値下げを実施している。

(関連記事:無印良品、秋冬商品300品目を値下げ

(関連記事:無印良品、2400品目を値下げ

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら