2種類のハンバーガーを発売

 回転ずし大手のくらコーポレーションは2月25日、ハンバーガーをサイドメニューとして販売すると発表した。国産の天然魚を使ったフィッシュバーガーと、合いびき肉のミートバーガーの2種類で、ともに税込み270円。3月1日から「無添くら寿司」の約420店で提供する。

 フィッシュバーガーは、すしに使わない魚の部位などをミンチにしたパテを使用する。ミートバーガーは合びき肉のパテにケチャップをベースとしたソースで味付けする。

 期間限定の専門店も設ける。くら寿司での販売に先駆けて2月25日から3月3日まで、東京・渋谷にハンバーガー専門店を開設する。

 同社は2012年の本格ラーメンを皮切りに、天丼やうな丼、豚丼、牛丼などをくら寿司で販売してきた。こういったサイドメニューを拡充することで集客を図りたい考え。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら