体験型の高級コーヒー店がオープン

 スターバックスコーヒージャパンは2月28日、焙煎機を備えた高級コーヒー店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を東京・中目黒にオープンした。スターバックスが「リザーブ ロースタリー」と呼ぶ高級店は、シアトル、ミラノ、上海、ニューヨークに続き世界5番目の出店となる。体験型の店舗でスタバのブランドを高める。

 店舗は4階建てで、建物の吹き抜け部分には4階まで貫く高さ17メートルの豆の貯蔵庫がある。1階には大型の焙煎機があり、コーヒー豆の焙煎から袋詰めまでの過程が見られる。ここで袋詰めされたコーヒー豆は全国のスターバックス店舗に送られる。

 提供されるコーヒーは他の店舗にはない商品が多く、ウイスキーの樽の中で寝かせた豆を使った「バレルエイジド コールド ブリュー」(税抜き1200円)など特徴ある100種類以上の飲料をそろえた。

 建物の2階ではお茶のブランド「ティバーナ」を提供する。3階には、スターバックスとして日本初のバー「アリビアーモ」が設けられ、ラガービール「テラスラガー」(同900円)や期間限定のカクテルなどを提供する。4階には30~40人が集えるスペースがあり、イベントやバリスタらの教育施設として利用される。