ノロウイルス検出

 和食店「がんこ」を展開するがんこフードサービスは3月3日、運営する「がんこ梅田本店」(大阪市北区)で2月24~25日に食事をした一部の客からノロウイルスが検出される食中毒事故が発生したと発表した。また、3月3~5日まで同店を営業停止とする処分を保健所から受けたとしている。

 3月3日付産経ニュース(産経新聞)によると、〈大阪市健康局は3日、同市北区の飲食店「がんこ梅田本店」で食事をした18~83歳までの男女21人が、嘔吐や下痢の症状を訴え、一部からノロウイルスが検出されたと発表した〉という。

 がんこフードサービスは「深く反省しております。お客様の信頼回復に努力して参ります」とコメントしている。